用語を検索!


あいうえお順

-PR-

お試しトライアル
http://3al.jp/
化粧品、食品、日用品など、トライアルセットの専門店

ジャスモン酸(じゃすもんさん)

ジャスモン酸の構造式

ジャスモン酸の構造式



ジャスモン酸は、元々ジャスミンの香りの主成分として発見された物質。

その後の研究の結果、主として成長の抑制に関与する、植物ホルモンとしての作用が確認された。

他には、果実の熟化、種子や芽の休眠打破、老化促進、落葉促進(離層形成促進)、塊茎形成などを誘導する。

また、外敵による摂食などで植物体が傷ついたり、病気や水分不足等の環境ストレスを受けると、植物体内に急激に増加して、抵抗力を増強する耐性誘導ホルモンとして働く。

ストレスにより生成される「ジャスモン酸エステル」には揮発性があり、気孔から外部に放出されると、他の個体に危険を知らせたり、害虫の天敵を誘引したりする。

同じく、環境ストレスによって生成される「エチレン」や「アブシジン酸」とは協調的だが、「ジベレリン」とは拮抗的に作用することが多い。

ジャスモン酸を利用した薬剤は、リンゴやブドウの着色促進に利用されている。




の、ネット最安値を
アマゾン、楽天、ヤフーショッピング、園芸ネット、日比谷花壇、コメリ、東急ハンズ、ブックオフ、e-hon、ベルメゾン、ニッセンほか、大手ショップを一度に検索します。



[広告]


  • 植物を簡単に強く育てる ストレス育成方法について考える | InfinityPossibility -無限の可能性-
    [...] ジャスモン酸 詳細 [...]

  • 記事へのトラックバックURL
    トラックバックには、当記事へのリンクをお願いいたします。