用語を検索!


あいうえお順

-PR-

お試しトライアル
http://3al.jp/
化粧品、食品、日用品など、トライアルセットの専門店

植物ホルモン(しょくぶつほるもん)

リンゴの果実は、エチレンガスを発する

リンゴの果実は、エチレンガスを発する

植物によって生産される、ごく微量で植物の生理機能に作用する有機化合物。

植物の成長や、器官の形成に大きな影響をおよぼす。

ホルモンによって植物の機能をコントロールできるため、合成されたホルモンは農薬として広く普及している。

例えば、ジベレリンは種の無い果実を作り、エチレンは果実の成熟を促進する。
オーキシンは、果実の結実を促進するほか、除草剤としても利用されている。

現在確認されている植物ホルモンには、ジベレリンオーキシンサイトカイニンアブシジン酸、エチレン、ブラシノステロイドジャスモン酸フロリゲンがある。

フロリゲンについては、70年前に発見されて以来、花芽形成を誘導する成ホルモンとして認識されていながら、その正体が分かっていなかったが、奈良先端科学技術大学院の島本教授らが発見、2007年4月20日付の米科学誌「サイエンス」に発表されている。

  

新しい植物ホルモンの科学
新しい植物ホルモンの科学 小柴 共一

Amazonで詳しく見る by G-Tools

関連する用語
[広告]



記事へのトラックバックURL
トラックバックには、当記事へのリンクをお願いいたします。