用語を検索!


あいうえお順

-PR-

お試しトライアル
http://3al.jp/
化粧品、食品、日用品など、トライアルセットの専門店

ポリフェノール(ぽりふぇのーる)

サクラの葉に含まれるクマリンは、塩漬けにすると芳香を発するようになる

光合成によって植物体内に形成される、香りや味、色素等のもとになる物質の総称。 現在、確認されているものだけでも、約5000種のポリフェノールが存在している。 酸素と結びつきやすい性質を持つポリフェノールは、強い抗酸化作用を持つことから、健康維持に役立つ物質として、医薬品や健康食品に幅広く利用されている。 フラボノイド(ブルーベリー・ソバ・大豆)、フェノール酸(コーヒー)、エラグ酸(イチゴ)、リグナン(ゴマ)、クルクミン(ウコン)、クマリン(サクラの葉・モモ)など。

萌芽(ほうが)

サンショウの萌芽

休眠状態だった芽が、成長をはじめること。 芽吹き、芽生えと同義で、主に樹木や宿根草の芽が発芽することを示すが、まれに種子が発芽することを萌芽ということもある。 園芸家の一年Karel Capek おすすめ平均

チェコ版「ボタニカルライフ」!絵にも文にも大人のジョーク満載

Amazonで詳しく見る by G-Tools

… ≫続きを読む

匍匐性(ほふくせい)

地面を這うように広がる、ほふく性のハーブ

植物の枝や茎が、地面を這うように伸びていく性質のこと。 ほふく性植物は、地面を覆うグラウンドカバーとしてよく利用される。 這い性(はいせい)、クリーピング性ともいう。 グラウンド カバー プランツ―地被植物による緑化ハンドブックAmazonで詳しく見る by G-Tools

… ≫続きを読む

苞・包(ほう)

ブーゲンビリアの花びらに見えるのは包で、中央に三本出ているのが実際の花

主に植物の花芽を保護する葉のようなもので、鱗片よりは大きく数が少ないもの。 葉が変態した変態葉の一種で、苞葉・包葉(ほうよう)ともいう。 苞が、花と見まがうほどに大きく色鮮やかに発達した植物も多い。 ブーゲンビリア、ポインセチア、ヘリコニア等。 ビジュアル園芸・植物用語事典おすすめ平均

初心者から専門家まで的勉強になります。やっと出ました!

Amazonで詳しく見る by G-Tools

… ≫続きを読む

苞葉・包葉(ほうよう)

美しい包葉をもつヘリコニア

主に植物の花芽を保護する葉のようなもので、鱗片よりは大きく数が少ないもの。 葉が変態した変態葉の一種で、苞・包(ほう)ともいう。 苞葉が、花と見まがうほどに大きく色鮮やかに発達した植物も多い。 ブーゲンビリア、ポインセチア、ヘリコニア等。 写真で見る植物用語 (野外観察ハンドブック)posted with ヨメレバ岩瀬 徹 全国農村教育協会 2004-05 Amazon楽天ブックスブックオフe-hon図書館

… ≫続きを読む

ポリポット(ぽりぽっと)

ポリポットで育苗

ポリエチレンフィルムポットを略した言葉。 薄いビニール製の鉢で、タネまきや育苗に良く利用されている。 植物の苗を購入するとポリポットに入っていることが多いが、通気性が悪く蒸れやすいので、なるべく早く植え替えた方が良い。 ビニールポットともいう。 ゴールデンスター 育苗用品 ポリポット75mmφ 7056Amazonで詳しく見る by G-Tools

… ≫続きを読む

盆栽(ぼんさい)

盆栽

小さな盆(鉢)の中に、大自然の景色を再現する日本の伝統的な園芸。 手間と時間を掛けて、植物、主に樹木を栽培し、その姿を鑑賞するもの。 盆栽入門posted with ヨメレバ群 境介 西東社 2002-05 Amazon楽天ブックスブックオフe-hon図書館

… ≫続きを読む

保水性(ほすいせい)

バーミキュライトには、容積の約3倍の液体を吸収する保水力がある

水分を吸引し、保持する性質。 土の水持ちのこと。 よくわかる土・肥料・鉢 (別冊NHK趣味の園芸)おすすめ平均

知ると知らないでは大違い。園芸意欲が高まる本!

Amazonで詳しく見る by G-Tools

捕殺(ほさつ)

ミカンの枝とアブラムシ捕殺も害虫駆除の有効な手段である

捕まえて殺すこと。 害虫の発生が広範囲でなければ、こまめに捕殺することで被害を軽減できる。 病気と害虫ハンドブック―植物別ですぐわかる (別冊NHK趣味の園芸)おすすめ平均

多くの野菜、花などを網羅しているが、少し実用性に欠ける病虫害の勉強にまずこの本で

Amazonで詳しく見る by G-Tools

… ≫続きを読む

穂木(ほぎ)

穂木には、増やしたい植物の枝や芽を使う

2つの植物体を接ぎ木でつなぐとき、上部に使う植物を穂木という。 ⇔台木(だいぎ) 見てわかるさし木・つぎ木・とり木・株分け―穂のつくり方から鉢上げまでposted with ヨメレバ早川 満生 誠文堂新光社 2007-07 Amazon楽天ブックスブックオフe-hon図書館

… ≫続きを読む

ポット上げ(ぽっとあげ)

ポット上げした苗

苗床や容器で発芽した植物を、ポットに移植すること。 ハーブと野菜のキッチンガーデン―プランターとポットで作るAmazonで詳しく見る by G-Tools

… ≫続きを読む

母本(ぼほん)

種を採取する、アシタバの母本

種子繁殖(しゅしはんしょく)のため、種の採取をする植物体のこと。 挿し木や接ぎ木などの栄養繁殖(えいようはんしょく)に用いる植物体のことは、親株という。 自家採種入門―生命力の強いタネを育てる (コツのコツシリーズ)おすすめ平均

置いておきたい一冊やってみる価値はある

Amazonで詳しく見る by G-Tools

… ≫続きを読む

ボカシ肥(ぼかしひ)

有機質に、土や籾殻などの用土類を混合し、発酵させて作った肥料。 用土を混ぜて発酵させることで、穏やかな効果を持つ肥料ができる。 肥料の効果をぼかして使うことから、ボカシ肥と呼ばれる。 原料は油かす、魚粉、鶏糞、米ぬか、オカラ、骨粉、籾殻燻炭、カニ殻など。 微生物がつくるアミノ酸やビタミンなども豊富に含まれており、植物の健康維持に役立つ。 発酵工程は、雑菌の繁殖が収まる秋から春にかけて行なうと失敗が少ない。 ボカシ肥のつくり方使い方農山漁村文化協会編集部 おすすめ平均

ボカシ肥とは、どんなものかが良く分かる

Amazonで詳しく見る by G-Tools

… ≫続きを読む

ボラ土(ぼらつち)

宮崎県都城市付近から産出される、霧島山の火山砂礫(かざんされき)。 多孔質の硬質な軽石で、排水性、通気性、保水性に富んでいる。 性質は弱酸性で、雑菌が少なく、根腐れを予防する効果がある。 鹿沼土より硬く 軽石より軟らかい ラン栽培、万年青(オモト)、山野草用土によく利用される。 火山性の淡色軽石パミスの一種で、日向土(ひゅうがつち)とも呼ばれている。 よくわかる土・肥料・鉢 (別冊NHK趣味の園芸)posted with ヨメレバ 日本放送出版協会 2008-02 Amazon楽天ブックスブックオフe-hon図書館

… ≫続きを読む