用語を検索!


あいうえお順

-PR-

お試しトライアル
http://3al.jp/
化粧品、食品、日用品など、トライアルセットの専門店

定根(ていこん)

月桂樹の定根

植物の主根と、主根から生じる側根を合わせて定根という。 ⇔不定根(ふていこん) 図説 植物用語事典おすすめ平均

まるで「教科書」。植物の構造を学ぶのに最適これまでなかった

Amazonで詳しく見る by G-Tools

… ≫続きを読む

テラコッタ(てらこった)

テラコッタの鉢に植えたカジワバアジサイ

テラコッタ(terra cotta)は、イタリア語で「焼かれた(cotta)土(terra)」を意味し、陶器や建築用の焼き物を総称する言葉だった。 現在、日本では、素焼きの鉢を総称して「テラコッタ」と呼んでいる。 海外で生産されたものは、日本の素焼き鉢より300~500℃高い、1000~1300℃程度で焼成されることが多く、オレンジ色がかった明るい茶色をしている。 釉薬を使用していないので、通気性や排水性に優れ、植物によって良い環境を作ることが出来る。 どんな植物にもよく合い、温かみのある風合いが、ナチュラルな雰囲気を演出する。 装飾されたものからプレーンなものまで、様々なデザインを楽しめることから、ガーデニングに多用されている。 ガーデンペイビング―レンガ、テラコッタ、枕木、石材を敷く (GAKKEN MOOK―DIY SERIES)posted with ヨメレバドゥーパ! 学研 2005-05 Amazon楽天ブックスブックオフe-hon

… ≫続きを読む

天地返し(てんちがえし)

天地返し

土壌の上下層をひっくり返すように入れ替えること。 植物の栽培で、養分が偏りがちな表層の土を、下層と入れ替えることで連作障害を防止する。 一年間で最も寒い時期に深層の土を寒気にさらして、病害虫を死滅させることもできる。 よくわかる土・肥料・鉢 (別冊NHK趣味の園芸)おすすめ平均

知ると知らないでは大違い。園芸意欲が高まる本!

Amazonで詳しく見る by G-Tools

… ≫続きを読む

底面灌水(ていめんかんすい)

シクラメン

水を張った容器の中に鉢を浸し、底穴から吸水させる、乾燥に弱く、水切れしやすい植物に適した灌水方法。 微小な種を蒔いた後、水やりで種が流れるのを防ぐために用いることもある。 溜めた水が腐ったり、夏場に水温が上がり過ぎないように注意する。 底面灌水用の2層構造の鉢が市販されており、アジサイやシクラメンの栽培によく利用される。 腰水(こしみず)・底面給水(ていめんきゅうすい)ともいう。 美しい花を楽しむ土づくり―200種の草花の土づくり、水やり、病害虫の防ぎ方がよくわかるAmazonで詳しく見る by G-Tools

… ≫続きを読む

底面給水(ていめんきゅうすい)

アジサイ

水を張った容器の中に鉢を浸し、底穴から吸水させる、乾燥に弱く、水切れしやすい植物に適した給水方法。 微小な種を蒔いた後、水やりで種が流れるのを防ぐために用いることもある。 溜めた水が腐ったり、夏場に水温が上がり過ぎないように注意する。 底面給水用の2層構造の鉢が市販されており、アジサイやシクラメンの栽培によく利用される。 腰水(こしみず)・底面灌水(ていめんかんすい)ともいう。 「水やり」ひとつでこんなに違う!鉢植えガーデニング (講談社プラスアルファ文庫)Amazonで詳しく見る by G-Tools

… ≫続きを読む

定植(ていしょく)

花の苗を定植

ある程度の大きさになるまで育苗した植物を、最終的な栽培予定地に植えつけること。 直接定植で省力・増収 果菜類のセル苗を使いこなすAmazonで詳しく見る by G-Tools

… ≫続きを読む

低温処理(ていおんしょり)

チューリップの球根は、低温処理によって、到花日数を調節できる

ある一定期間低温下に置かれることで、花芽形成(かがけいせい)が始まったり、発芽したりする植物を、人工的に低温状態に置き、生育を調節すること。 咲いたチューリップかわいい球根草花―すてきなガーデニング (主婦の友生活シリーズ)おすすめ平均

何度も読み返してます庭をお花いっぱいにしたくなります

Amazonで詳しく見る by G-Tools

… ≫続きを読む

摘花(てきか・てっか)

摘花されたチューリップ

果樹や果菜に多くの花が咲いた場合、すべてが結実すると樹の負担になることから、あらかじめ花を摘んで、結実させる数を調整すること。 球根類の花を摘む場合は、球根を肥らせるために行う。 花を味わう―散歩で見つけた!摘み花レシピテレビ朝日おかずのクッキング おすすめ平均

花を味わう 散歩で見つけた!摘み花レシピ

Amazonで詳しく見る by G-Tools

… ≫続きを読む

摘果(てきか・てっか)

適度に摘果しないと、小さな果実が多く実る

果樹や果菜の結実が多すぎる場合、樹の負担を考えて幼実を摘み取ること。 生育の悪いものや、小さなものから間引く。 大玉・高糖度のサクランボつくり―摘果・葉摘み不要の一本棒三年枝栽培Amazonで詳しく見る by G-Tools

… ≫続きを読む

摘心・摘芯(てきしん)

摘心・摘芯

一番成長が旺盛な、主枝の先端にある頂芽(ちょうが)を摘み取ること。 頂芽の生長点が無くなると、わき芽や側枝が勢い良く生育し始める。 樹高を整え、枝数を増やす効果がある。 ピンチ、芯止めともいう。 鉢植花木の摘芯と剪定―プロが教えるコンテナガーデニングテクニックposted with ヨメレバ大久保 茂徳 日東書院本社 2003-10-01 Amazon楽天ブックスブックオフe-hon図書館

… ≫続きを読む

摘蕾(てきらい)

ブルーベリーの摘蕾(てきらい)

大きな花を咲かせたり、結実させる数を調整するために、不要な蕾を摘むこと。 はじめての果樹ガーデニング―果樹庭園の設計と人気果樹のやさしい育て方・栽培法71種おすすめ平均

初めての果樹ガーデニング素敵にガーデニング普通の果樹本。

Amazonで詳しく見る by G-Tools

… ≫続きを読む

点まき(てんまき)

点まき

種まきの方法の一つで、一定の間隔をあけて数粒ずつ種子を蒔くこと。 種を無駄にしない、大きな種子を持つ植物によく使われる方法。 ヒマワリ、ダイコン、とうもろこし、マメ類等。 捨てるな、うまいタネおすすめ平均

種が愛おしい☆タネを見てみよう園芸ビギナーの手引きであると同時に植物の生態や環境問題など考えるに恰好の素材種まきクラブをつくりました☆おもしろい!

Amazonで詳しく見る by G-Tools

… ≫続きを読む