用語を検索!


あいうえお順

-PR-

お試しトライアル
http://3al.jp/
化粧品、食品、日用品など、トライアルセットの専門店

油虫(アブラムシ)

ソラマメに寄生するアブラムシ

ソラマメに寄生するアブラムシ

ネギ類に発生するネギアブラムシ

ネギ類に発生するネギアブラムシ

[和名(分類)]
アブラムシ(カメムシ目アブラムシ上科)

[発生]
4~10月、春と秋に多く発生する。

[症状]
新芽や新梢、葉の裏などに寄生し、樹液を吸収して生育を阻害する。
虫えい(ちゅうえい)という、虫こぶを作るものもある。
ウイルスを媒介し、すす病を誘発する害虫。

[形態]
通常は体長1~3㎜程度だが、5㎜に達する大型のものもある。
緑、赤、白、黒など体色は様々、特定の期間には羽根を持つ個体が出現する。
長い口針を持ち、植物に突き刺して樹液を吸う。

[生態]
排泄物には、余剰な糖分が大量に含まれており、甘露と呼ばれている。
甘露を求めるアリと共生関係を持ち、天敵から守ってもらう習性があるため「アリマキ」とも呼ばれる。
また、単為生殖で雌を産み、卵胎生で短期間で爆発的に増える。

[食餌植物]
植物全般

[天敵昆虫]
テントウムシ類、ヒラタアブの幼虫、カゲロウ、アブラバチ等の寄生バチ類

[防除方法]
農薬を使用せずに駆除するには、こまめに捕殺するか、牛乳をかけてタンパク質の膜でアブラムシを窒息させたり、焼酎に唐辛子を漬け込んだ液体を散布したりする。

  

関連する用語
[広告]



記事へのトラックバックURL
トラックバックには、当記事へのリンクをお願いいたします。