用語を検索!


あいうえお順

-PR-

お試しトライアル
http://3al.jp/
化粧品、食品、日用品など、トライアルセットの専門店

翼果(よくか)

熟すと、螺旋を描くように落ちるモミジの翼果

果皮の一部が羽のように発達しており、風により飛散する果実。 この羽の部分を翼(よく)という。 ニレ、ハンノキ、トネリコ、カエデ、モミジ、ボダイジュ、ケヤキ、メグスリノキなど。 単果(たんか)、乾果(かんか)、閉果(へいか)に属する。 翅果(しか)ともいう。 葉・花・実・樹皮で見分ける! 樹木観察ハンドブック 山歩き編 (るるぶDo!) (るるぶDo!ハンディ)posted with ヨメレバ松倉 一夫 ジェイティビィパブリッシング 2009-07-17 Amazon楽天ブックスブックオフe-hon

… ≫続きを読む

葉腋(ようえき)

葉腋から出る、腋芽(えきが)

植物の茎で、葉の付け根の内側部分のこと。 ここから脇芽が出ることが多い。 葉腋から出る芽は、腋芽(えきが)ともいわれている。

陽生植物(ようせいしょくぶつ)

陽生植物のバラ

強い日差しを好み、直射日光下で良く育つ植物のこと。 耐陰性に乏しく、日陰の環境では葉が変色したり徒長したりして上手く育たない。 陽地植物(ようちしょくぶつ)ともいう。 マツ、バラ、ヒマワリ、アサガオ、ハイビスカスなど。 ⇔陰生植物(いんせいしょくぶつ) 絵とき 植物生理学入門posted with ヨメレバ山本 良一 オーム社 2007-01 Amazon楽天ブックスブックオフe-hon図書館

… ≫続きを読む

葉芽(はめ・ようが)

ブルーベリーの葉芽

生長すると葉になる芽のこと。 花芽と比べると、やや細い形状をしている。 樹木の冬芽図鑑おすすめ平均

冬芽への「思い」が伝わってくる図鑑

Amazonで詳しく見る by G-Tools

寄せ植え(よせうえ)

寄せ植え

花壇や畑・コンテナに数種類の植物を植え付けること。 単植するより自然界の姿に近く、病害虫への耐性が高まる。 適した栽培環境が似た植物を一緒に植えると管理しやすい。 混植(こんしょく)ともいう。 吉谷桂子のコンテナガーデン―寄せ植え作りに夢中! (主婦の友生活シリーズ)おすすめ平均

センスUPに最適な本!点・線・面そして配色センス良くわかりやすい内容です

Amazonで詳しく見る by G-Tools

… ≫続きを読む

葉面散布(ようめんさんぷ)

植物の葉面に、液状の薬剤や肥料をかける葉面散布

植物の葉に、水に溶かした肥料や薬剤を散布すること。 葉面の養分吸収量は根と比べると少ないが、速効性があるため、挿し木や根を傷めた植物などに効果的である。 はじめて育てるハーブ―よくわかるプロセス解説 (ブティック・ムック No. 858 ビギナーシリーズ)posted with ヨメレバ ブティック社 2010-04 Amazon楽天ブックスブックオフe-hon図書館

… ≫続きを読む

養液土耕(ようえきどこう)

養液土耕のしくみ(簡易)

植物の培地に土を使い、灌水(かんすい)と同時に液肥(えきひ)を施して植物を栽培する方法。 水や肥料の量を管理して、効率よく栽培することができる。 野菜・花卉の養液土耕(ドリップ・ファティゲーション)―リアルタイム診断と点滴灌水・施肥で高品質安定生産posted with ヨメレバ六本木 和夫 農山漁村文化協会 2000-04 Amazon楽天ブックスブックオフe-hon図書館

… ≫続きを読む

養液栽培(ようえきさいばい)

ハイドロボールを使用した固形培地耕

植物育成に必要な養分を含む、液体を使用した栽培方法。 このうち、培地を使わずに、液肥と水だけで栽培することを「水耕栽培(すいこうさいばい)」、発泡煉石(はっぽうれんせき)や炭粒等の培地を使って栽培することを「固形培地耕(こけいばいちこう)」という。 液耕(えきこう)ともいう。 養液栽培の新マニュアル日本施設園芸協会 Amazonで詳しく見る by G-Tools

… ≫続きを読む

用土(ようど)

植物の栽培に適するように、あらかじめブレンドされた土のこと。 一般的な用土には、基本用土や土壌改良材、肥料などが数種類混合されている。 自分で土を配合する手間が省けて、初心者でも手軽に利用することが出来る。 育てる植物や栽培環境に合わせた専用土も多い。 サボテン、野菜、花、ハーブ、ブルーベリー、ラン、バラ、山野草、ハンギングなどに適した用土が多数市販されている。 培養土(ばいようど)、配合土(はいごうど)、コンポストともいう。 用土と肥料の選び方・使い方―図解 家庭園芸おすすめ平均

家庭菜園のためのマニュアル

Amazonで詳しく見る by G-Tools

… ≫続きを読む