用語を検索!


あいうえお順

-PR-

お試しトライアル
http://3al.jp/
化粧品、食品、日用品など、トライアルセットの専門店

熱帯植物(ねったいしょくぶつ)・熱帯性植物(ねったいせいしょくぶつ)

中央アメリカや南アメリカの熱帯・亜熱帯原産のトケイソウ

熱帯・亜熱帯地方に生育する植物のこと。

中でも、葉を鑑賞する熱帯性の植物は、観葉植物という。

日本で熱帯性植物を育てる場合は、冬季の管理がポイントになる。

植物によって異なる耐寒温度を把握して、その温度以下にならないように管理すること。

寒冷期には灌水(かんすい)を控えめに、冷たすぎない水を与える。

また、日本の夏の直射日光は、熱帯以上に強いことがある。 鬱蒼としたジャングルに生育する植物などは、酷暑期に日陰で管理すると良い。

花図鑑 観葉植物・熱帯花木・サボテン・果樹 (草土花図鑑シリーズ) おすすめ平均

もうちょっと。

Amazonで詳しく見る by G-Tools … ≫続きを読む

稔性(ねんせい)

植物の有性生殖が可能な性質。交雑の親和性ともいう。

雄蕊(ゆうずい・おしべ)や雌蕊(しずい・めしべ)によって受精が行われ、次世代の種子が形成される。

⇔不稔性(ふねんせい)

ダーウィン著作集〈3〉植物の受精 Charles Robert Darwin

おすすめ平均

原典はほんとにいい

Amazonで詳しく見る by G-Tools

根切り虫(ネキリムシ)

根切り虫(ネキリムシ)

ネキリムシの被害、茎が食いちぎられている

[和名(分類)] カブラヤガ・タマヤナガ・センモンヤガ(チョウ目ヤガ科モンヤガ亜科)

地際で植物の茎を切り落とすのは、主としてモンヤガ亜科の幼虫だが、ヨトウガの幼虫ヨトウムシや、根を食害するコガネムシの幼虫も含めて、ネキリムシと呼ぶこともある。

[発生] 5月~10月。 年3~4回発生する。 幼虫の状態で土中で越冬し、翌年3月頃から活動を再開する。

[症状] 地際の茎を食害し、切断して植物を枯らせてしまう。

[形態・生態] モンヤガ亜科の幼虫は、体長10~20mm前後で黒灰色のものが多い。 葉に一つずつ産み付けられた卵が孵化すると、葉の食害を始める。 成長すると昼間は土中で過ごし、夜間に出てきて食害する夜行性。

[食餌植物] 草花、野菜など多くの植物。

[天敵] 寄生蜂(コバチ等)や寄生蝿(ヤドリバエ等)。

[防除方法] 被害を受けた植物の根元を掘り返すと、簡単に見つけることが出来るので捕殺する。

もっともくわしい植物の病害虫百科―園芸・家庭菜園に役立つ!植物の病害虫その知識と予防

posted with ヨメレバ 根本 久 学習研究社 2005-02 Amazon 楽天ブックス ブックオフ e-hon 図書館 … ≫続きを読む

根回し(ねまわし)

植物、特に樹木を移植する際に、植え替えによるダメージを軽減して、早く定着するように施す下準備のこと。

掘り上げる植物をあらかじめ根切りして、新しい根を発生させておくことで、移植地での活着がスムーズに行なわれる。

庭木・植木図鑑―花色・仲間・落葉・常緑で引ける (実用BEST BOOKS)

Amazonで詳しく見る by G-Tools

根切り(ねきり)

主に樹木に行なう処理で、幹の周囲にぐるりとスコップ等を差し込んで、根の先端を切ってしまうこと。

こうすることで樹勢が抑えられ、樹木の徒長を防いで丈夫な苗木を作る。 栄養分が花芽に行く事で、花付きを良くする効果もある。

また、根が切られた部分から新たに発根するので、樹木を移植する数ヶ月~1年前に施しておくと新しい場所に定着しやすい。

根切りは樹木が休眠する時期(11~3月頃)に、剪定と一緒に行なうと良い。

名人庭師とっておきの知恵袋 (講談社プラスアルファ新書)

posted with ヨメレバ 平野 泰弘 講談社 2000-03-01 Amazon 楽天ブックス ブックオフ e-hon 図書館 … ≫続きを読む

根詰まり(ねづまり)

プランターで根詰まりをおこした植物

植物の根が生長して、鉢一杯に広がってしまった状態。

そのままにしておくと、新しい根が伸びる隙間が無くなって、水分や養分の吸収が上手くいかずに結局は枯れてしまう。

鉢に植えた植物は2年程度で植え替えを行い、根を整理し、土をリフレッシュしよう。

はじめての球根・宿根草―初心者にもわかりやすい球根・宿根草の育て方の基本とコツ (かんたんガーデニング) Amazonで詳しく見る by G-Tools

… ≫続きを読む

根腐れ(ねぐされ)

根腐れをおこし、枯れたオリーブ

植物の根が腐ってしまうこと。

症状が酷くなると、枯れてしまう。

土壌の水分過多が原因で起こることが多い。

粘土など細かい粒子を多く含む土壌は、堆肥や多孔質な資材で土壌改良し、通気性や排水性を確保すると良い。

肥料のバランスの悪さや、病害虫が原因で引き起こされることもある。

根力で咲かせるバラつくり―盛り土三層構造で活力アップ (コツのコツシリーズ) おすすめ平均

病害虫の項は一読の価値あり結局買いました。盆栽とても参考になります目からうろこのバラ栽培書

Amazonで詳しく見る by G-Tools … ≫続きを読む

根張り(ねばり)

盆栽では、地表部にある根の状態のことを根張りという

植物の根の広がりや、張り具合のこと。

盆栽用語では、地表にあらわれた根の状態のことを指す。

ひと目でわかる盆栽づくりの基本とコツ―日常の手入れとプロが教える整姿・剪定のポイント おすすめ平均

入門書大変楽しい本です。

Amazonで詳しく見る by G-Tools … ≫続きを読む

根鉢(ねはち・ねばち)

ゼラニウムの根鉢

鉢植えの植物を抜いたり、地植えの植物を掘り出した時に見られる、植物の根と周りの土がくっ付いて一塊になったもの。

植え替えをするときは、根鉢を崩さなければ植物へのダメージは少なくてすむ。

逆に、わざと根鉢を崩して古い根を切ってしまうことで、新しい根の発根を促すこともできる。

鉢花―一年草・宿根草 (NHK趣味の園芸 新版・園芸相談)

Amazonで詳しく見る by G-Tools

根株(ねかぶ)

宿根草の福寿草は、夏季は根株で休眠し、2月頃に開花する

多年草において、越冬時に地上部が枯れてしまい、ほとんど根だけの状態になったもの。

樹木の切り株のことも根株という。

ナチュラルガーデンをつくる宿根草 (別冊NHK趣味の園芸) おすすめ平均

ガーデナー必携!ガーデニング初心者にもベテランにもお勧めですガーデニングの醍醐味のひとつは宿根草

Amazonで詳しく見る by G-Tools … ≫続きを読む

根肥(ねごえ)

植物体内ではイオンとして存在し、細胞内の浸透圧を調整するカリ肥料(K)のこと。

植物の健康を維持し、細胞を生成したり、肥大させたりする効果がある。 そのため、花はより大きく育ち、果実や球根は肥大し、しっかりとした葉や茎が形成される。

過剰に与えると、カルシウムやマグネシウムの吸収を阻害し、病害虫や環境に対する抵抗力を弱める。

欠乏すると、光合成能力が低下し、葉や葉が貧弱になってしまう。 また、果実の味や見てくれは悪くなり、根が弱って根腐れを起こしやすくなる。

やさしい土づくり入門―育てる・食べる・見る家庭農園

Amazonで詳しく見る by G-Tools

根付け肥(ねつけごえ)

植え付けた苗を、なるべく早く活着させる為に施す肥料のこと。 追肥の一種。

定植の2~3日前から、定植後数日の間に与える。

活着肥、スターターとも呼ばれる。