用語を検索!


あいうえお順

-PR-

お試しトライアル
http://3al.jp/
化粧品、食品、日用品など、トライアルセットの専門店

春肥(しゅんぴ・はるごえ)

樹木、宿根草、球根、秋まきの草花などの芽が動き始める、2月下旬から3月上旬頃に与える追肥(ついひ・おいごえ)の一種。

気温が上がって、植物の養分吸収が始まるその時に、肥料を与えること。

芽吹きの時期に施肥することから、芽出し肥(めだしごえ)とも呼ばれる。

芽出し肥(めだしごえ)

樹木、宿根草、球根、秋まきの草花などの芽が動き始める、2月下旬から3月上旬頃に与える追肥(ついひ・おいごえ)の一種。

気温が上がって、植物の養分吸収が始まるその時に、速効性肥料(そっこうせいひりょう)を与えること。

春に施肥することから、春肥(はるひ・はるごえ)とも呼ばれる。

失敗しない果樹の育て方―庭植え・鉢植え

posted with ヨメレバ 小林 幹夫 西東社 2006-01 Amazon 楽天ブックス ブックオフ e-hon 図書館 … ≫続きを読む

お礼肥(おれいごえ)・礼肥(れいごえ)

果実の収穫後や開花期の終わりに、疲弊した植物への栄養補給の為に与える肥料のこと。

実りや花を与えてくれた感謝の気持ちを込めて礼肥と呼ぶ。

追肥(ついひ・おいごえ)の一種で、速効性肥料(そっこうせいひりょう)が適している。

追肥(ついひ・おいごえ)

追肥の化成肥料は、直接植物に触れないように与える

植物の成長過程において、元肥(もとごえ)が切れる頃に追加する肥料のこと。

すぐに効果があらわれる速効性肥料(そっこうせいひりょう)が適している。

液肥(えきひ)

生ゴミと米ぬかを発酵させて作った液肥、1000倍程度に薄めて植物に与える

液体の肥料のこと。

成分が水に溶けて、植物に吸収されやすい状態になっている。

すぐに効果が得られる速効性肥料(そっこうせいひりょう)で、追肥(ついひ・おいごえ)に適しているが、効果が長続きしないので定期的に与える必要がある。

液肥原液を水で薄めたり、油かす等の有機質肥料(ゆうきしつひりょう)に水を加えて発酵させて作る。

永田農法でつくるベランダ・屋上菜園 おすすめ平均

完璧な永田農法一般向け本日向土+保水材がベランダ菜園成功のカギでした!かゆい所に手が届きます優しい気持ちで野菜が作りたくなる!

Amazonで詳しく見る by G-Tools … ≫続きを読む

無機質肥料(むきしつひりょう)・無機肥料(むきひりょう)

粒状の無機質肥料

無機物からできた肥料で、主として肥料の三要素の窒素・リン酸・カリを含んだもの。

ほとんどが人工的に生産されたものだが、植物原料の草木灰(そうもくばい)や、鉱物を原料としたものもある。

ほぼ無臭で、害虫の発生も少ないが、長期間使用すると土壌環境を悪化させる。

水に溶けるとすぐ植物に吸収される速効性肥料(そっこうせいひりょう)で、追肥(ついひ・おいごえ)に使われることが多いが、表面をコーティング加工したり、成分を調整して、有効期間をより長くしたものもある。

⇔有機質肥料(ゆうきしつひりょう)・有機肥料(ゆうきひりょう)

イラスト図解 農業のしくみ おすすめ平均

構成も内容も◎農業とは食の安全を考え直そう

Amazonで詳しく見る by G-Tools … ≫続きを読む

有機質肥料(ゆうきしつひりょう)・有機肥料(ゆうきひりょう)

動植物の有機質を主成分とした肥料のこと。

原料は、油かす、魚粉、牛糞、鶏糞、米ぬか、落ち葉、オカラ、骨粉、カニ殻等々。

施肥すると、土壌微生物の働きで無機質に分解された後、植物に吸収される。 このため肥料の効きが穏やかで、長期間にわたって効果がある。

主に元肥(もとごえ)として使われるが、追肥(ついひ・おいごえ)にも利用可能。

悪臭で敬遠されることも多いが、微生物相豊かな肥えた土壌を作る優れた肥料である。 肥料の三要素以外にも、ミネラルなどの微量要素を豊富に含む。

⇔無機質肥料(むきしつひりょう)・無機肥料(むきひりょう)

有機・無農薬 野菜が甘く育つ土づくり―堆肥と有機肥料で土を改良! (GAKKEN MOOK) おすすめ平均

よくまとまっている

Amazonで詳しく見る by G-Tools … ≫続きを読む

遅効性肥料(ちこうせいひりょう)

施肥した後、長期間にわたって緩やかな効果がある肥料のこと。

徐々に分解される有機質肥料や、表面をコーティング加工して溶けにくくしたものを指す。

効き方が穏やかで、肥料焼けを起こす心配が少ないので、元肥(もとごえ)にも追肥(ついひ・おいごえ)にも使用される。

緩効性肥料(かんこうせいひりょう)ともいう。

30坪(1アール)の自給菜園―ぼかし肥と緩効性被覆肥料で おすすめ平均

たいへん詳しく実際的な内容

凝ってるよー

Amazonで詳しく見る by G-Tools … ≫続きを読む

速効性肥料(そっこうせいひりょう)

施肥した後、すぐに効果があらわれる肥料のこと。 代表的なものに、液肥や、水に溶けやすい成分の化成肥料等がある。

植物にすぐ吸収されて即効性がある反面、効果は長続きしない。 お礼肥(おれいごえ)などの追肥(ついひ・おいごえ)に適する。

⇔緩効性肥料(かんこうせいひりょう)、遅効性肥料(ちこうせいひりょう)

緩効性肥料(かんこうせいひりょう)

施肥した後、長期間にわたって緩やかな効果がある肥料のこと。

徐々に分解される有機質肥料や、表面をコーティング加工して溶けにくくしたものを指す。

効き方が穏やかで、肥料焼けを起こす心配が少ないので、元肥(もとごえ)にも追肥(ついひ・おいごえ)にも使用される。

遅効性肥料(ちこうせいひりょう)とも呼ばれる。

⇔速効性肥料(そっこうせいひりょう)

30坪(1アール)の自給菜園―ぼかし肥と緩効性被覆肥料で おすすめ平均

たいへん詳しく実際的な内容

凝ってるよー

Amazonで詳しく見る by G-Tools … ≫続きを読む

鶏糞(けいふん)

発酵させた鶏ふんは、速効性肥料となる

ニワトリの糞を発酵させた後、乾燥させたもの。

水溶性のリン酸、窒素分を豊富に含んだ速効性肥料(そっこうせいひりょう)。

追肥(ついひ・おいごえ)にも、元肥(げんぴ・もとごえ)にも使用できる。

肥料成分が濃く、肥料焼けをおこしやすいので注意する。

アルカリ性の性質を持つ。

はじめて育てる有機・無農薬野菜―よくわかるプロセス解説 (ブティック・ムック No. 859 ビギナーシリーズ)

posted with ヨメレバ ブティック社 2010-04 Amazon 楽天ブックス ブックオフ e-hon 図書館 … ≫続きを読む

油かす(あぶらかす)

発酵させた油かすに、泥炭を加えた固形肥料

菜種、大豆、綿実などから油を搾った残りかすのこと。

油かすとして用いられている菜種粕は、窒素5%、リン酸2%、カリ1%程度を含有する良質な有機肥料。

未発酵のものは、分解途中で熱やガスが発生し、植物を痛めることがあるので、土に混ぜたら1ヶ月ほど置くこと。

米ぬか・魚粉等の有機物を加えて発酵させた「発酵油かす」ならその心配は無い。

発酵油かすは、肥料の三要素が等しく含まれるように成分調整された緩効性肥料(かんこうせいひりょう)で、主に追肥(ついひ・おいごえ)として使用する。

また、油粕に水を加えて発酵させると、液肥(えきひ)ができる。

大判 図解家庭園芸 用土と肥料の選び方・使い方

posted with ヨメレバ 加藤 哲郎 農山漁村文化協会 2010-03 Amazon 楽天ブックス ブックオフ e-hon 図書館 … ≫続きを読む