用語を検索!


あいうえお順

-PR-

お試しトライアル
http://3al.jp/
化粧品、食品、日用品など、トライアルセットの専門店

葯(やく)

ヤクは、花粉の詰まった袋のような形状をしている

雄しべの先端にある、花粉を形成する袋状の器官のこと。

ヤシマット(やしまっと)

バスケットの内張りに使われたヤシガラマット

ココナッツ果皮の繊維層をシート状に加工したもの。

主に、ハンギングバスケットの内張りに使われる。

ヤシガラマットともいう。

今日からはじめるハンギングバスケット―長く楽しむつくり方とデザイン

posted with ヨメレバ 上田 奈美 農山漁村文化協会 2006-11 Amazon 楽天ブックス ブックオフ e-hon 図書館 … ≫続きを読む

焼土(しょうど・やきつち)

土壌の害虫を駆除し、殺菌消毒するために土を焼くこと。

田畑で焚き火をしたり、専用の機械を使ったりして土を熱する。 家庭では、古いフライパン等を使えば少しずつ焼くことができる。

夏の直射日光を利用して、黒いビニールに入れた土を蒸し焼きにする方法もある。

土壌学の基礎―生成・機能・肥沃度・環境 おすすめ平均

楽しめる専門書土の不思議をロマンの香りにのせて解き明かしてくれる本

Amazonで詳しく見る by G-Tools … ≫続きを読む

ヤシの実チップ(やしのみちっぷ)

廃棄されるヤシ繊維を利用したチップは、環境破壊を起こさない

ココナッツ果皮の繊維層、やし殻を粉砕し、チップ状にしたもの。

ヤシガラチップ、ココヤシチップともいう。

軽量で、吸水性、保水性、排水性に富み、水を含むと膨張する性質を持つ。

大粒は鉢底石やマルチとして、中粒は洋ラン等の栽培用土に、小粒は培養土の原料等に使われる。

使用前に一昼夜水につけて、塩分やアクを抜いてから使うと良い。

山砂(やまずな)

火山から放出される火山砕屑物(かざんさいせつぶつ)が、風化や浸食によって砂状になったもの。

山砂が風化したボラ土(ぼらつち)、桐生砂(きりゅうずな)、真砂土(まさど・まさつち)は、保水力や保肥力に優れた用土として利用されている。

富士砂(ふじずな)、浅間砂(あさますな)は、風化されずに堆積したもの。

ラン栽培、万年青(オモト)、山野草用土等に使われる。

火山砂(かざんさ)と同義。

山が楽しくなる地形と地学 (ヤマケイ山学選書)

posted with ヨメレバ 広島 三朗 山と溪谷社 2008-03-19 Amazon 楽天ブックス ブックオフ e-hon … ≫続きを読む